大人のおごり方、こんなふうにおごってみてはいかがですか

「今日は俺のおごりだ!」こんな上司の一言に、プレッシャーを感じる部下が増えているそうです。

上司におごられたくないという部下は意外に多いそうで、「上司の説教が始まる」、「おごってもらった分だけ仕事で頑張らないといけない」、こんな部下たちの不安があるようです。

とは言え、昼食や飲みの席はよいコミュニケーションの場ですし、いつも割り勘では上司のメンツが保てないかもしれません。

あるラジオ番組で、部下に気を遣わせずに気持ちよくおごる方法について指南していたので、ご紹介したいと思います。

まず、「今日は俺のおごりだ」と、先に宣言しないことが鉄則です。

最後までこのセリフは言わず、会計の時にさりげなく支払いを済ませましょう。

そして、店を出る時には「今日はありがとう」と言って分かれます。

「期待しているよ」などと部下にプレッシャーを与える言葉は禁句です。

あくまでも、「一緒に食事ができてよかった」ことだけを伝えるようにします。

食事中にも注意事項があります。

言いたいことは色々あると思いますが、部下が最も嫌うのはお説教です。

また、お酒の力を借りて、普段言えない愚痴を吐くのも厳禁です。

お酒の席ではしゃべり過ぎないことを心掛け、同時に昔の武勇伝も程々にしましょう。

おごりながら部下に気を遣うわけですから、上司というのは大変です。

でも、これが大人のおごり方です。

部下が安心して話せる席を設けるのも、よい上司の仕事ですよ。キャッシング 金利が安いところは