これが終わっても人気が止まらいなクラブもあるが

覇者野球の交換戦もおわり前週末日からリーグ戦を続開したというがソフトバンクが交換戦が終わっても趨勢が止まらない。
楽天戦も勝ち越して今週から賭け標的も変更するのでもしかしての事があるという。

それが優勝への魔法点灯があるという事になるがこれはリーグ戦最速での点灯となる。
とっくに配下の分隊がセルフ優勝が消滅した事で早くも魔法点灯の可能性も出た事で注目が集まりみたいと思っている。

こういう魔法点灯で順調に減って行くと8月にはリーグ優勝がまとまる可能性もある事で大いに注目が集まる。
しかし、こういう優勝を遅らせるのには配下分隊に頑張って味わう必要があるという。

何よりオリックスは今年になってからソフトバンクの趨勢に巻き込まてれおる事で負けが多いと感じている。
打線が強力なので押さえ付ける事が出来ないということになる。

他の2分隊もそう達するが今後は「ソフトバンク包囲」が必要があると私には思っているかもし知れない。
勢いを止められるのはナンバーワン級をぶつける事で優勝の時期を遅らせる事もあると思うのです。

このままだとはなはだ飽きてしまって覇者野球を見ない人が多くなる事もある。
Jリーグが興味深いと感じて異動を講じるオタクもいるという事になるのです。

まずはソフトバンクが心から魔法点灯するのかどうなのかは明日からの期待だと思うのです。