リュックサックの重さを利用した疲れにくい歩き方

両手が空くリュックサックは、街中を歩く時や行楽に出掛ける時などに重宝するので、利用している方は多いと思います。
しかし、リュックサックが重いと、背負っているうちに徐々に疲れてしまい、足取りが重くなっていきますよね。
だからと言って、リュックの中身を取り出して手で持ち、背負う荷物の重量を軽くするなんて、本末転倒です。
そこで発想の転換をし、リュックの重さを利用して疲れないように歩く方法を身に付けましょう。

通常、リュックサックを背負う時は、胸を張って背負い、脚力を使って歩こうと意識すると思います。
これは姿勢の良い歩き方と言えるかも知れませんが、胸を張ることを意識すると、腰部を強く反ってしまうために、腰に負担が掛かり易くなります。
そのため、脚力に頼った歩き方は、疲労が溜まり易くもなるのです。

そこで、肩の力を抜いて股関節と膝関節を軽く緩めながら、骨盤や腰椎をあまり反らさない程度に真っ直ぐにすると、リュックサックの重さで骨盤が程よく押され、腰を中心にして背中全体で重さを受け止めることができるようになります。

リュックサックを背負って出掛ける時は、「重さ」を利用した歩き方を試してみて下さい。即日融資 ネット